治療

治療はどうするか。眼圧を下げることにつきます。眼圧というのは、目の硬さのことであり、血圧が血管内の圧のことをいいますが、それと同じように目の圧のことをいいます。眼科にいくと、目に風があたる検査をされることがありますが、眼圧を測定しています。その数字を低くすることが治療になります。正常眼圧は20mmHg以下ですが、ひとりひとり下げる目標とする眼圧は異なります。同じ眼圧でも緑内障が進行してしまう方と、進行しない方がおり、視神経の脆弱性に起因することがわかっています。

眼圧をどうやって下げるか。ほとんどの方が目薬による治療になります。まず1日1回の目薬から始めて、眼圧下降が不十分、または定期的な視野検査で進行がみられるようなら、治療が不十分として、目薬をさらに追加していくことが標準治療になります。

目薬による眼圧下降が不十分な場合、外科的治療に移ります。外来で出来るSLTと呼ばれるレーザー治療から、手術室で行う緑内障手術があります。

​MESSAGE

最後に、手術というのは、人生の一大イベントだと思います。

当院の実際の手術統計から手術時間は5分~30分以内です。

それは患者様の今後の人生に大きな影響を与える、極めて重要な時間であり、それをいかに安全に、目や身体に負担なく、合併症なく施行するために、顕微鏡、手術機械、手術デバイス、そして手術技術そのもの、全てにおいて惜しみなく投資し、また努力してきた結晶だと考えています。

どこで手術を受けるか。非常に重要です。手術をご決断なさった方はぜひご相談ください。

緑内障について

視神経の病気で、一言でいえば視野が狭くなる病気です。

発症は主に中年以降で、時間をかけてゆっくり進行し、失明にいたることもあります。日本人の失明原因の1位となっています。2000年に日本人の40歳以上の5%が罹患していることがわかりました。年齢とともに有病率が上がるため、高齢社会の進展に伴い、その割合は6%、7%、8%、と今後上昇していくことがわかっています。

自覚症状が出づらく、多くは中期以降にならないと自分では気づきません。多くがゆっくりゆっくりと進行します。その時間軸は5年10年単位です。一度進行したら元に戻ることはなく、早期発見早期治療が何より大切です。

 

最初は目薬の治療から始まり、進行する方はやむを得ず手術へいたることがあります。一度診断されてしまうと定期的な通院が必要となってしまう、やっかいな病気です。

近年の機械の進歩により、症状が出る前の発見が多くなりました。前視野緑内障といい、若い方でも、緑内障予備軍として管理が必要な病型があることがわかってきました。

症状

症状としては、視野が狭い、何となく見づらい、メガネが合わない、暗いところが見づらい、運転中トンネルにはいるとしばらく見えない、など多岐にわたります。

多くは両目ですが、片目の発症もあります。発見の契機は上記症状のほか、人間ドックで指摘、結膜炎や花粉症などで受診された際にたまたま見つかる、ことも多くみられます。

視野が欠ける場合の見え方

​(視野が欠けていることを自覚できない)

​正常

イメージ

手術

緑内障手術は、流出路再建術という手術と、濾過手術といわれる手術に大別されます。近年進化著しいのが、流出路再建術と呼ばれる手術です。

流出路再建術とは、眼圧を構成する房水といわれる水の出口の抵抗を減らす手術です。わかりやすく言えば、水の出口である排水管を掃除するイメージです。具体的にいうと、水が流出していく際の抵抗となる線維柱帯といわれる場所を切開します。時間はおおむね10分以内に終わり、合併症も少なく、安全な手術の部類に入ります。しかし緑内障手術の効果としてはそれなりです。白内障手術と一緒に施行することもあります。近年ではこれを極小切開緑内障手術といいます。

濾過手術について説明します。

目の中の水、房水を目の外へ逃がす手術です。目の中と外を交通させ、房水が目の外へ水が流れるようにします。水を逃がすパイプを挿入し留置することがあります。時間は30分程度で、手術効果は強いです。手術中や手術後の合併症は比較的多く、術後の通院が多くなり厳密な管理が重要です。術後に生活制限が必要となることがあります。現状、進行する緑内障で眼圧が高い場合には、今でも標準治療といえるでしょう。

今まで説明した手術のほかに、特殊な緑内障手術として、iStentと呼ばれるデバイスを目の中に埋め込む手術もあります。白内障と同時に施行しないといけない制限があり、手術時間はおおむね10分以内に終わります。合併症は少なく、安全な手術の部類にはいりますが、手術効果はそれなりです。

ABOUT

りょくないしょう

​お気軽にお問合せください

​診療時間

午前9:00~12:00/午後15:00~18:00(月~金)

​休診 土曜日午後/日曜日/祝祭日

※火・木曜日の午後は手術のため外来休診