​設備紹介

ホーム > 設備紹介

​手術機器

コンステレーション・ビジョンシステム

白内障や硝子体手術などで使用する、世界随一の性能を誇る手術機器(アルコン社製)です。

OPMI ルメラ 700

世界最高峰の性能を誇る眼科顕微鏡で、ドイツのカールツァイス社のハイエンド機種です。素晴らしい視界を得ることができます。

眼底観察システム Resight

硝子体手術で使用する広角眼底観察システムで、安全に効率的に手術が進めることが可能となります。

炭酸ガスレーザー(CO2レーザー)

主にまぶたの手術でメスとして使用します。止血しつつ切開することができます。

手術顕微鏡 OM-8

外来での処置に使用する顕微鏡です。

IOL MASTER 700​

手術の際に使用する眼内レンズの度数を測定する機械です。多彩な機能が付いており、検査誤差も非常に少ないハイエンド機種です。

​検査機器

光干渉断層計   RS-3000 OCT RetinaScan

網膜断層像が、短時間で非侵襲的に簡便に測定できる優れた機械です。緑内障や加齢黄斑変性症の病態理解が、飛躍的にわかるようになりました。

​ストリップランプ BQ900

通常の診察に用いるスリットランプと言われる機械です。高性能で見落としが少ない、ハーグストレイト社のハイエンド機種を使用しています。

オートレフケラトメーター ARK-530A

角膜の形状や屈折を正確に測定する機器です。

光干渉式眼軸長測定装置 AL-scan

眼軸長という眼の長さを測る機器です。

コントラストグレアテスター CGT-2000

コントラスト感度という、ものの濃淡を調べます。眩しさによる見えにくさを評価します。

角膜形状・屈折力解析装置  OPD-ScanⅢ

角膜表面の形状を測定します。

液晶視力表 システムチャート  SC-1600

視力を測定する機器です。

ノンコンタクトトノメータ NT-530

眼圧を測定する機器です。

無散瞳眼底カメラ TRC-NW8F

散瞳、未散瞳問わず、眼底写真を撮るカメラです。造影検査でも詳細な画像が得られます。

超広角走査型レーザー検眼鏡 カリフォルニアRG

眼底の約80%の領域を、無散瞳、無接触で撮影します。糖尿病網膜症や、そのほか多くの眼底疾患が無散瞳で評価可能となりました。

パラセントラル スペキュラー マイクロスコープ CEM-530

角膜内皮細胞を測定する機械です。コンタクト検診、手術患者さんなどで評価するのに用います。

​このページの先頭に戻る

​ホームに戻る

〒802-0071

福岡県北九州市小倉北区黄金1丁目1-7

Tel. 093-932-5800

お気軽にお問合せください

093-932-5800

 

【電話受付時間】

午前9:00~12:00/午後15:00~18:00

祝および木・土曜日の午後を除く